Windows

Windows Server 2019 無償版のインストールやHyper-Vの有効化の手順について

投稿日:2021年2月23日 更新日:

Windows Server のライセンスは非常に高価です。できれば、無料で使えるとうれしいですよね。そこで本記事では評価版のWindows Server 2019 のISOファイルのダウンロードとインストールの手順を説明を行います。

あくまでも評価版となりますので、いつまでも使い続けれられる訳ではなく、180日経つと使えなくなりますので注意が必要です。

しかし、180日経過した後でも継続して利用する方法がありますので、それらについても記載していきます。参考になれば幸いです。

ダウンロード

1.まずはトライアル版のダウンロードサイトへ移動します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows-server/trial

2.オンプレミスの Windows Server 2019 の「無料試用版をダウンロード」をクリックします。

3.デフォルトで「ISO」が選択されていますので、そのまま「次へ」をクリックします。

4.必須項目(*印がついている)を入力後、「次へ」をクリックします。

5.日本語を選択後、「ダウンロード」をクリックします。

自動的にダウンロードが始まります。ダウンロードは完了です。

インストール

さきほどダウンロードしたISOファイルを使用して、Windows Server 2019 のインストールを行っていきます。環境は Hyper-V を使用します。

Hyper-Vで仮想マシンの新規作成

1.Hyper-V マネージャを開き、「クイック作成」をクリックします。

2.「ローカルインストール元」を選択後、「インストール元の変更」ボタンをクリックします。

3.さきほどダウンロードしたISOファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。

4.ISOファイルを選択すると、「仮想マシンの作成」ボタンが有効になりますのでボタンをクリックすると、仮想マシンの作成が完了します。

5.仮想マシンが作成できましたら、「接続」ボタンをクリックします。

6.仮想マシンに接続後、仮想マシンの起動を行うと ISOファイルがマウントされたドライブでブートがかかります。ここからは Windows Server 2019 のセットアップとなります。インストール画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

7.「今すぐインストール」をクリックします。

8.WindowsのUIを使えるサーバーを作成したい場合は、(デスクトップ エクスペリエンス)を選択後、「次へ」ボタンをクリックします。


9.ライセンス条項画面の内容を確認後、「同意します」チェックを付け、「次へ」ボタンをクリックします。

10.新規インストールのため「カスタム…」をクリックします。

11.OSをインストールするためのパーティションを作成するため、「新規」ボタンをクリック後、「適用」ボタンをクリックします。

12.パーティションが作成されると以下の画面のようになります。ここで、酒類が「プライマリ」であるパーティションを選択して「次へ」ボタンをクリックします。

13.インストールが始まります。

14.インストール完了後、Administrator ユーザーのパスワード設定画面が表示されますので、任意のパスワードを入力します。

15.前の手順で設定したパスワードでログインできれば完了です。

Hyper-Vの準備

ちなみに、Hyper-Vは Windows 10 Pro エディション以上であれば利用可能です。Windows 10 Homeエディションでは利用できませんのでご注意ください。

以下、MS公式サイトに必要要件や Hyper-V機能の有効化に関する記載がありますので参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper-v-on-windows/quick-start/enable-hyper-v

Hyper-V機能の有効化


Hyper-V の機能は、初期状態では無効になっています。そのため、Hyper-Vを使えるように、機能を有効化する必要があります。Hyper-Vを有効化する手順は次のとおりです。

1.スタートメニューを右クリックし、[アプリと機能]をクリック

2. 右側の関連設定にある [プログラムと機能] をクリックします。

3. [Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。

4.Windowsの機能ウィンドウで、「Hyper-V」にチェックを付けます。 ※Hyper-V以下のすべての項目にもチェックが付いていることを確認します。

5.[OK] ボタンをクリックすると機能のインストールが行われ、再起動を求められますので [今すぐ再起動] ボタンをクリックしてWindowsを再起動してください。再起動後 Hyper-V が使用できる状態となります。







-Windows
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【Windows】ファイル名を指定して実行する ショートカット

[ファイル名を指定して実行] からアプリを素早く起動する方法を紹介します。 目次1 ファイル名を指定して実行とは2 起動方法3 [ファイル名を指定して実行] よく使うコマンド3.1 アプリケーションプ …

【Windows】フォルダ内のファイル名一覧を取得・出力するコマンド

Windows のコマンドプロンプトでフォルダ内のファイル名一覧を取得・出力する方法を紹介します。 事前にコマンドプロンプトのアプリを開いてcd <ディレクトリ> コマンドで任意のフォルダ …




さば缶です。物欲がすごいです。

趣味のガジェット、仕事のあれこれを記録しています

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930